SAIでのお絵描き2008年2月版

調整中。とりあえず作業画面〜。

image0000
下絵終了時。原寸800x600でざくざく描いてます。 右側に『ビュー→新規ビュー』で25%+反転させて置いてます。 デッサン崩れの防止になります。 これが出来るようになってフォトショップと同等……、反転させられるのでそれ以上のすばらしさ。 フォトショップでも25%サイズを右側に置いて塗っていました。 右下は通常の縮小。両方25%で置きたいけれど狭いからねぇ。後半は反転いらなくなります。
image0001
『キャンバス→キャンバスの解像度変更』で600x800を1200x1600と2倍に拡大しました。 基本的にそのまま塗っていたりしますが、 2008年2月の時点で携帯の待ち受け画像の最大な縦の長さが864(480x864)と、 ねこまぐろモバイルで携帯壁紙サイトをしている自分としては困るので大きめで描いてます。
image0002
解像度を変更して大きくなったので調整しました。
image0003
下絵がペン入れをするには濃いので、不透明度を適当に50%へ調整しました。 このまま下絵にペン入れしようとすることが多々あります…。レイヤー移動。
3pxの鉛筆を使って黒色でペン入れ。目からが基本で最初にペン入れしたところがしょっぱいです…。 600x800の時も3pxなので状況に応じて大きくても構わないのです。 線の様子を確認できるよう縮小した通常のビューを50%にしました。これが仕上がりに近いサイズです。
image0004
目だけのレイヤーのはずが…失敗。コピーして修正しました。 コピーできないと思ったら講座用のクリップソフトに邪魔をされておりました。 よくあることです。
image0005
線の勢いと殺さないため、と言う名の消しゴムの面倒さのために新規レイヤーを作って線を描きます。 下のレイヤーに転写を使って移します。新規レイヤー作成アイコンの下にあります。『+』が描いてある奴でショットカットは『F』。
image0006 image0007
とりあえずペン入れ終了。調整はあとで。感じる違和感は何でしょうか。 そして反転した方がいい絵な気がする不思議!
image0008
調整終了。おかしいところが直せない私。
image0009 image1000
自動選択で簡単に指定して、選択ペンと選択消しで細かい所を選択していきます。 面倒ですがディスプレイならいいけど、 たまに漫画家のカラーで見る印刷媒体だと塗り残しが目立ち悲惨なことになりますので真面目に塗り塗り。 仕上がりも違うよ! 短形選択などで選択を解除して塗りつぶし、を何度も繰り返す。
image1100
塗りレイヤーの順番は基本、髪→目→肌にしています。色々便利なので。
下のレイヤーは少しはみ出すようにして塗るときれいに微妙な隙間が生まれずきれいになります。 背景のデフォルトが白なので濃い背景を作ってます。
image1200 image1300 image1400
下地完了、と思いきや濃い背景にするとはみ出しが見つかるので最終チェック。
image1500 image1600 image1700
レイヤー。濃い背景は削除。
image1900
線画を黒から変えます。不透明度保護を忘れずに塗りつぶして乗算にする。個人的に濁った赤。 目だけは適度に黒から外れた程度に…。黒だと家庭用プリンターでプリントすると浮くんですよねぇ…個人的に。
image1800
不透明度保護を忘れていたら面白い絵になったw
image2000
塗る前の準備完了。こまめに保存を忘れずに。適度に別名で保存してバックアップなどもね。
image2100
塗り開始です。下地を保護して下地の色をスポイトしたりしつつ塗ります。 筆圧で色が変わるので同じ色でやわらかく一度目の影、強く二度目の影。
image2200
一度目の影終了時。やや二度目があるところもw
image2300
二度目の影終了時。Ctrl+Zも消しゴム描けずに勢いです。
image2400
ふわっとダマっぽい色をぼかしました。
image2500
ぴかぴか光らせてみる。天使の輪っ。 これで終了ですがいつも髪は悩みどころ…。水色の髪なのですが、濃いですねー。濃くなるのが悩みどころですよ。
image2600
髪と同じ手順で塗っていきます。一影はオレンジで塗り塗り。 反転を右に置いているからたまに確認しつつ…。
image2700
二影はピンクで塗り塗り。ほっぺたをピンクにするのが好きです。
image2800
三影で細かい影追加。気持ち光が当たるところを白でぺたぺた。
image2900
目です。一番楽しい所。大まかに一影。
image3000
二影。中心を濃くして上も濃くする。
image3100 image3200
光を鉛筆で入れて、水彩筆でぼかす。塗り筆でもいいんだけどね。
image3300
目の明るい所(明るすぎない所)から色を取って目線に合わせて塗鉛筆で描く。
image3400
目の光は光源に合わせて塗鉛筆で描く。いつも光源が左で目線が右なのがバレバレである。
image3500
猫の耳はピンク色〜。
image3600
灰色で影。塗り加減が難しい。
image3700
タイ。黄色の影はオレンジで塗り塗り。
image3800
セーラーのカラーとズボン。一色でぺたぺた。服の影になると適当になります…だから(ry
image3900
濃い服…苦手です。ぺたぺた。違和感がありつつ終了。しっぽを塗り忘れていたのでさっと塗りました。
image4000
口。八重歯は塗り分けずに口の影を塗って 、塗り終わったら塗り鉛筆で白く塗って、影も鉛筆で塗った後に水彩筆でぼかす。
image4100 image4200
塗り筆で軽く白下地を作って、『塗・目』から濃い赤を取って軽く影を付ける。
image4300
模様を乗算で描きこみました。微妙です。
image4400 image4500
とりあえず塗り終わりです。背景、と言ったところですが頬に赤みが欲しいので少々追加。
image4600
背景を塗りつぶして、新規レイヤーの『短形選択』で正方形を作って塗りつぶして、回転→自由な形でひし形を作って複製をして並べた。
スポンサーリンク
月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver).

2006年12月から計測のページビューカウンター。

Copyright © 2001-2017 Mikamo Nekotani. All rights reserved.